【武士とお香】戦国武将の命を守る!お香と結び

お香にまつわるお話

ひふみお香アカデミー
椎名まさえです。

 

古来より香りの強いものは、
お部屋に吊るしたり
身に着けたりすることで、
魔除けや厄除けとされてきました。

 

厄除けのお香として、
訶子(かし)の実を入れた
訶梨勒(かりろく)は、
厄除けの力があるとされ、
室町時代から床飾り、茶室飾り、
柱などに掛けたりして使用されていました。
 

訶子(かし)の実

 

 

そして、 

訶梨勒(かりろく)は

結びが特徴です。

 

278131284_2771672853128423_1786751734788109218_n.jpg

 

 

「結び」のひとつでもある
花結びの始まりには、
茶道が深く関わっていました。

 

写真は梅結び

 

 

戦国時代の茶の湯の席で、
戦国武将が恐れたのは、
茶に毒を盛られること!!!
 

 

 

そこで、武将に仕えた茶人たちは、
茶入れ袋の結びに仕掛けをしました。

 

これは簡単にほどくことができない

「封じ結び」
 

写真はNHK「美の壺」より

命を守るために生み出された
「封じ結び」は、
江戸時代に入り、
天下泰平の世になると、
「花結び」として、
袋の結びの美しさを
競い合うようになります。

 

 

お香の香りと「結び」の美を
融合した厄除けのお香は
受講生にも大変人気の高いお香です♡

 

 

お香を学ぶことで
日本の歴史に
どんどんハマっていきますよ~

 

今日もありがとうございました。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました